FC2ブログ

プロフィール

亡研2000

Author:亡研2000
10年の「服喪」を終えての「軌跡」と「追憶」。現在も「飼い主様」を求めて「彷徨の旅」を続けるM男。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらつらと・・・

先日、S女性繋がりで某オフ会に参加しました。来られていた、女性は素敵で、魅力的な方であったのは言うまでも無い。ただ、そこには何かしら「異常性」があったのだろうか?
異常と常在、この普遍的な「違い」を果たして、理解があったのだろうか?いや、あったとしても、無かったとしても、その全てが「解」であると言うべきであろう。
数少ない、経験ながら、かつて「サロン」を訪ねたことがある、そこで求めるものの「力」と受けるものの「力」の、鬩ぎ合いの中で昇華されるものがあると言うのを知った。しかし、その立ち位置は、瞬時に入れ替わりつつ連続する。
同性愛と違う、根源を持つ「同虐感」についてはもう少し
勘案する必要があるのではないか。と、思いながら、高速を飛ばして考えた、一夜となった。
この夜の、機会を下さった、多くの方に心より感謝します。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

そういえば、最初に目にした掲示板にも
「最下層便器奴隷さん募集」と書かれていた。その時は、何にも
考えず、ただ、惹かれて返事を出したのだが、信じられないことに
返事が返ってきた。

「S女性」から
「次回は、ご主人様から私を調教するときのお手伝いを探して
 おきなさいと言われたの。してくれる?」と言われた。
もうここまで来たら、「いや」とは言えない。
「ご主人様は、男性には手出しされないから安心していいわよ」
思わず「ほっと」したと言うのが本音だろう
「はい。よろこんでさせていただきます」と言えた
「私への調教がすんだら、あなたを調教してあげるわね」
そう言って、「いたずらっ子」のように微笑んだ

しかし、SMというか人の精神とは、なんと不可思議なものだろう
S性とM性が比率が偏頗しているとはいえ、同時に内在しているのは通常だと思うが、彼女のように同時に平行して同率で進行しているというのは、あまり類を見ないのではないだろうか。
それとも、考えすぎで、単に「相手次第」で変幻自在になりうるのだろうか。しかし、「相手次第」とはいえ、同時調教?なのだが

この辺は経験者に聞いてみたいところだが、それも難しいか

続きを読む »

2回目にあった時に、少し詳しく聞いてみた。
もともとはSSカップルに調教されて、少しずつ女王様を経験させ
られてきたらしい。たしかに、その姿から見ても、「女王様」と
しかいいようの無い姿である。
何度かは研修のため、二人でM男性を調教して練習したそうである。

で、何度か一人で女王様をこなし、次のステップとして、便器としても使用できる最下層M男性とのプレイを経験する。というのが、目標となったと話してくれた。

続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。