FC2ブログ

プロフィール

亡研2000

Author:亡研2000
10年の「服喪」を終えての「軌跡」と「追憶」。現在も「飼い主様」を求めて「彷徨の旅」を続けるM男。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえば、最初に目にした掲示板にも
「最下層便器奴隷さん募集」と書かれていた。その時は、何にも
考えず、ただ、惹かれて返事を出したのだが、信じられないことに
返事が返ってきた。

「S女性」から
「次回は、ご主人様から私を調教するときのお手伝いを探して
 おきなさいと言われたの。してくれる?」と言われた。
もうここまで来たら、「いや」とは言えない。
「ご主人様は、男性には手出しされないから安心していいわよ」
思わず「ほっと」したと言うのが本音だろう
「はい。よろこんでさせていただきます」と言えた
「私への調教がすんだら、あなたを調教してあげるわね」
そう言って、「いたずらっ子」のように微笑んだ

しかし、SMというか人の精神とは、なんと不可思議なものだろう
S性とM性が比率が偏頗しているとはいえ、同時に内在しているのは通常だと思うが、彼女のように同時に平行して同率で進行しているというのは、あまり類を見ないのではないだろうか。
それとも、考えすぎで、単に「相手次第」で変幻自在になりうるのだろうか。しかし、「相手次第」とはいえ、同時調教?なのだが

この辺は経験者に聞いてみたいところだが、それも難しいか
ゆっくりと蠕動しながらアナルが広がっていくと、いっきにグリセリンが噴出してくる。この「甘く危険」な液を流していると、広がったアナルから「黄金」が覗いている。
そして、そのまま私の中に入ってきた、一つ二つ、大きさは4,5cm太さは1.5cmほどだろうか。グリセリンでしっかりとコーティングされて、甘みが強い。癖になる危険な感覚である。
しかし、このおかげで楽に飲み込むことができた。

「もうちょっと出るわよ」
さっきより少し大きめの「黄金」が二つ、こんどはコーティングが薄くなっている。すこし、懐かしい「味」がするような気がした。

「今度は食べる前に見せて」
私は、アナルから顔を外し、口を開けた。
「うん、食べていいわよ」
ゆっくりと、飲み込んだ私の顔にキスするほどに顔を寄せて
「○○○のうんち、おいしい?」
「はい。美味しくいただきました。ありがとうございます」
「じゃあ、綺麗にしてね」
というと再び私に小振りで綺麗なお尻を向けた。

舌をアナルに差し入れると息遣いも荒く、アナルが蠕動している。
少し開いたアナルを夢中で吸っていた。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

fin様

いえいえ、こちらこそありがとうございました。
日曜頃に予定しておりますゆえ、
またのお越しをお待ちしております…(_ _)

昨日はお疲れ様でした。
あらら、まだ再開されてなかったわん。
また来ますね~(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。